リボ払いクレカを通常ポイント還元率で比較

ヘッダー

リボ専用カードを通常ポイント還元率で比較

    gazou-tujoupointhikaku

通常ポイント還元率で比較

誰でも還元設定をチェックする際、最高値ばかりを気にしてしまうもの。しかし、最高値のみにこだわってしまうと、通常利用したときに得られるメリットが低くなる可能性が・・・。だからこそ、通常の還元値を吟味した上でクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

そこで今回は、R-styleカード、JCB-EITカード、アコムマスターカードの通常値について徹底比較します。ぜひ参考にしてみてください。


3枚のカードを徹底比較!

・R-styleカード

ポイント還元率: 通常0.923%
年会費: 無料
特典内容: 入会後に1000円分キャッシュバック、ファーストプレゼントなど
付帯保険: ショッピングのみ
審査条件: 満18歳以上で安定した収入を得ている方 (※高校生をのぞく)

同カードの通常値は0.923%で、最高値は1.10%とあまり開きが見られない特徴をもちます。通常200円につき2%の還元となっているため、お得なクレジットカードといえるでしょう。特典内容もキャッシュバックやファーストプレゼントなど、利用者にうれしいものばかり。やや気になるのは付帯保険がショッピングのみという点ですね。


・JCB-EITカード

ポイント還元率: 一律1.00%
年会費: 無料
特典内容: 永年無料の年会費、海外旅行保険は最高2,000万円まで補償など
付帯保険: 海外旅行、ショッピングのみ
審査条件: 満18歳以上で安定した収入を得ている方 (※高校生をのぞく)

同カードは一律で利用1,000円につき1%の還元となっています。そのため、通常値と最高値を気にすることなく、気軽に利用できるというメリットが。特典内容はやや物足りなさを感じますが、海外旅行保険は最高2,000万円まで保障と太っ腹。極めてニュートラルなクレジットカードといっていいかもしれません。


・アコムマスターカード

ポイント還元率: プログラムなし
年会費: 無料
特典内容: 最短即日カード発行、最高300万円まで利用可など
付帯保険: なし
審査条件: 満20歳以上で安定した収入を得ている方

同カードは還元機能が備わっていないクレジットカードのひとつ。消費者金融で有名なアコムが手がけていることもあり、即効性にウエイトを置いた特徴をもっています。そのため、還元によるメリットを得ることはできませんが、最短即日でカード発行ができ、なおかつ年会費無料で最高300万円までショッピング利用できる点は優秀といえるでしょう。


通常値で選ぶなら・・・

以上、3枚のクレジットカードを比較しましたが、通常値を重視している方なら一律1.00%のJCB-EITカード。通常値も気にしながら、特典の内容にもこだわりたい方はR-styleカードといったところ。

アコムマスターカードはあくまで即日融資・利用がメインになるので、急いでお金が必要な方向けのクレジットカードといえるでしょう。