ANAカードを比較

ヘッダー

ANAプロパーカードで比較

    ilust-ana

ANA還元に特化したクレジットカード

普段からよくANA航空を利用する方にとっては、ANAにおける高い還元設定をもったクレジットカードを利用することをおすすめします。とくにプロパーカードは高い還元設定をもっているので、通常タイプを選ぶよりもお得にポイントを貯めることができるでしょう。

そこで今回はANAプロパーカードで還元率が高いものを比較し、ランキングにしてみました。ぜひチェックしてみてください。


ANAクレジットカード還元率比較ランキング

1位: 「ANA一般カード」

ポイント還元率: 最高0.50%
年会費: 無料 (※ 翌年度より2,160円)
特典内容: マイレージサービス、ポイントプログラムなど
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
審査条件: 満18歳以上で安定した収入のある方

同カードの通常利用は1000円につき1%。ただし、ANAのプロパーカードということで、1ポイント=5~10マイルに交換することが可能。ごく一般的にポイント利用するクレジットカードとしては不向きですが、マイレージサービス目当てなら、お得すぎるカードといっていいでしょう。入会のしやすさも抜群なので、検討する価値は大いにあります。


2位: 「ANAワイドカード」

ポイント還元率: 最高0.50%
年会費: 7,830円
特典内容: 入会・継続・搭乗時にボーナス、各種優待サービスなど
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
審査条件: 満18歳以上で安定した収入を得ている方 (※ 高校生をのぞく)

同カードは通常100円の利用につき1.0%の還元、マイル交換も1ポイント=5~10と一般カードと変わりない設定。ただし、入会時をはじめ、カード継続時に2,000マイルのボーナス、さらに搭乗時に+25%のボーナスが加わります。頻繁にANAを利用するなら、一般カードよりもベストですが、年会費と頻度が釣り合わない方は損することもあるので注意を。


3位: 「ANAワイドゴールドカード」

ポイント還元率: 最高0.50%
年会費: 15,120円
特典内容: 入会・継続・搭乗時にボーナス、各種優待サービスなど
付帯保険: 海外旅行、国内旅行、ショッピング
審査条件: 満20歳以上で安定した収入を得ている方 (※ 高校生をのぞく)

同カードの通常利用は100円につき1.0%の還元、マイル交換も一般・ワイドカードと同様で1ポイント=5~10。また、ワイドカードの特典である、入会・継続・登場時のボーナスも標準搭載され、さらにゴールドならではの各種優待サービスが受けられます。率直な意見を申すと、ゴールドカード優待サービスに魅力を感じるかどうかです。そうでないなら、一般かワイドカードを選択したほうがいいでしょう。


要は特典の違いだけ

このように同クレジットカードはクラスが違っても、基本的なポイントシステムは同様。それは比較してみても一目瞭然です。つまり、特典が違ってくるだけなので、ごくシンプルにマイルだけを貯めたいのであれば、一般クレジットカード、もしくはワイドカードがおすすめ。

ゴールドにしてしまうと、会員費以上の恩恵が得られるか?といったギモンに悩まされるかもしれません。失敗しないためにも、じっくりと比較してください。